良い家ってどんな家かなー。

こんにちは。

設計部の磯崎です。

ここ数日急に朝晩冷え込んできましたね。

朝布団から出られない季節になってきました。。。

さてさて、時々ですが「良い家ってどんな家かなー」と、考えることがあります。

例えば広い家、安い家、明るい家、暖かい家、日当たりが良い家、かっこいい家等々。

価値観は家づくりをする人だけの分ありますのでどれが一番ということは勿論ありません。

個人的には(※あくまで個人的にはです笑)大小沢山の要望が完璧に詰め込まれた家も好きですが、それよりも要望のトップ3位までが強調・反映されたような家(コンセプトがしっかりある家)はすっきりとしてまとまりが良いような気がします。潔いといいますか。

家づくりにおいてはコンセプトをしっかりまとめることはとてもとても重要です!!

そのコンセプトが家を建てようとしているお客様本人の判断基準となります。

判断基準があれば自分たちに必要なものとそうでないものを取捨選択しやすくなりますので。

様々な要望の中からコンセプトをまとめて、お客様の理想の家に近づけていくのが弊社の仕事です。頑張ります。

また、家は「余白」があると良いと思います。

手を入れる余地が残されている家ということです。

家は建った時点で完成ではなく、暮らしながら使いながら時に

カスタマイズしていく方が良いと個人的には思います。

「余白」があるからそういったことも可能なんですね。

弊社の工務スタッフである安藤の下記ブログが非常に参考になりますので是非ご覧ください。

 

サスティナブルハウス(持続可能な住宅)+作りこまない家造り

 

暮らしながら使い込まれた家はめちゃくちゃ素敵です。

そういった家は10年20年経っても古臭くならないと思っています。

最後に個人的に一番好きな住宅を紹介します!

阿部勤さんという建築家の方の自邸です。

下記に紹介サイトを載せておきます。

 

https://100life.jp/architecture/22081/

 

凄く有名なので知っている方も多いと思います。

学生時代に雑誌で見て一目惚れでしたね。入れ子状のシンプルな構成の家ですが、時が経って成長した植栽と建物が絡み合っている姿や、建物コーナーにあるデイベッドに寝転んで植栽越しに外が見えるところなどは動物の巣みたいで気持ち良さそうです。大好きです。

築40年以上経っているみたいですが全然古臭く感じません。

むしろ古くなってから良くなったと阿部勤さん本人も言ってます。

一度生で見てみたいものです。

それではまた!

※ちなみにペニンシュラ(半島型)キッチンという言葉はこの住宅のキッチンを指して言い始めた言葉らしいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

冬がやって来ますね

久しぶりの投稿です

11月は雨が多いですね。雨、晴れと繰り返し少しずつ冷え込む時期になって来ました

明日(11/16)はいっきに気温が下がるようです、体調管理気をつけて下さい

先日の休み、我が家の庭にモスラがいましたので写真におさめました!

モスラ(昔のゴジラに出てきた珍獣)

7月から飼っているクワガタが最近元気がないんです

やはり寒さが原因なのか?

30年ぶりに飼ったので毎朝観察しているところです

以上、私の日常生活のご報告でした

 

見学会会場で発見!!

こんにちは。
都城スタジオで主に図面入力などをおこなっています、有川です。

 

仕事がらスタジオでパソコンと睨めっこしていることが多いのですが、先日スタジオを飛び出して現場に行ってきました!

自分が入力した図面をもとにどのように家が完成していくのか・どのようなところに気を付けて図面を作成したらいいのかなど、実際に足を運んで自分の目で確認することで、新たな気づきを得ることができました。
この気づきを図面に反映させることで、円滑に打合せや現場が進み、お引き渡し後も快適に過ごせる家づくりに努めていきたいと思います。

 

何件か現場に足を運んだのですが、その中の1件であるものを発見しましたよ!
それがこちら!

わかりますか?
それではもう1枚!

 

もうおわかりでしょうか?
正解は、

 

僕らのクラブのリーダーこと、「ミッキーマウス」です!
偶然似たような形になったのかなと思うのですが、クオリティー高いですよね♪

現在予約見学会開催中の会場のすぐ近くで見つけたので、ご来場いただいた際はぜひこちらも探してみてくださいね。(#^^#)

K様邸家づくりの軌跡~見学会開催中♪

こんにちは!

ピースホーム小林スタジオでアドバイザーをしています、天辰です。

 

K様邸、なんと11月いっぱい見学会を開催しています!

お庭は外構工事中なので足元の悪い中にはなりますが…小林で注文住宅の内覧ができるチャンスです。ぜひ、この機会にご覧になって下さいね(^^)

 

あたたかみのある杉の浮造りの床、造作・造り付けの家具、使い勝手の良い家事動線、夫婦の思いやりを感じる寝室…建築家と一緒に作り上げた間取りと、K様のセンスが光るコーディネートをご体感頂けます!

 

ご見学はご予約制とさせて頂いています。

土日祝日はもちろん、平日でもご連絡頂ければご案内できますので、お気軽にお電話下さいね♪

 

今日も、赤ちゃん連れのお客様を2組ご案内したのですが…2組とも赤ちゃんが寝ちゃったんです(笑)

赤ちゃんがウトウト~と寝ちゃうくらい気持ち良いお住まい、一度見に来てみませんか?

見に来ませんか?床材☆

こんにちは。
朝晩冷え込みお鍋が美味しい季節になってきましたね♪( ´▽`)

 

本日は床材の紹介をさせていただきます。
まずは弊社の標準仕様のフローリング、ウッドワン「コンビットリアージュ」について。
傷に強く、汚れてもさっとふき取ることができるので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭にもオススメです!
また、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドがほとんど発散しないので安心してお使いいただけます。

 

続いてご紹介したい床材が「杉」です!
夏場は湿気を吸収しサラッとした踏み心地で、冬場は断熱効果でじんわりあたたかいのが特徴です。

さらに色鮮やかな杉色から日焼けしてあたたかみのある色合いへと経年変化を楽しむこともできます。

杉

 

そんな杉の床材を使ってみたいな〜見てみたいな〜という方に朗報です!!
なんと小林市で杉の浮造りを使ったお家の見学会を開催させていただいております!

床材だけでなく、南側全面にあるタイルデッキ天井高2m60cmの広々空間、こだわりの造作家具などなど!こだわりいっぱいで使い勝手の良いお家です!
本当に素敵なお家なので、たくさんの方々に見ていただけると嬉しいです…(*^v^*)

 

11月は毎週土日開催中です!
平日もフリーダイヤル0800-200-9939までお電話をいただければご見学いただくことができます。

ご興味のある方はぜひお電話ください♪