天辰 ひとみ
天辰 ひとみ

新燃岳の〇〇が気になる

皆さんこんにちは、小林スタジオでアドバイザーをしている天辰です!

最近、いろんな方に「天辰さんっていろんなところに現れますよね~」と言われるくらい、小林から都城、宮崎市まで行動範囲を広げて、たくさんのお客様との出会いを頂いています。ありがたいことです♪

 

さて、タイトルにもあるように、ここしばらく新燃岳の噴火に伴う被害が心配されていますね。私も立て続けにご質問されることがあったので、今回のブログの話題に取り上げてみました。

「新燃岳の降灰による太陽光発電への影響が気になる」というご質問です。

宮崎県は、住宅用太陽光発電システムの普及率が全国2位。それだけ多くの太陽光発電システムが設置されているからこそ、今回の降灰による被害や不安も多いようです。

まず、よほどのドカ灰でない限りは、パネルに積もった灰は普段の風や雨で流されてしまうので、そこまでの心配はいらないそうです。

もし、明らかに発電量が目に見えて少ないとか、パネルに灰が大量に残っている場合は…?

決して、自分で屋根に上がって洗い流そうとはせず、費用はかかりますが専門の業者や設置したメーカー、ハウスメーカー等に相談しましょう!

屋根の上は高所であり、足を滑らせやすい危険な場所ですし、洗浄の仕方を間違えるとパネルの損傷につながることもあります。

くれぐれも、ご自分で屋根にのぼって清掃しよう!とは思っちゃダメですからね!!

 

まだまだ、新燃岳の活動状況から目を離せませんね。噴火に伴う被害には困りものですが、これもまた霧島連山の姿の一つなのだと、自然のパワーを感じる日々でもあります。

 

でも…そろそろ落ち着いて欲しいかな…。

このブログを書いた人
ピースホームスタッフ
天辰 ひとみ hitomi amatatsu