耐震パネル工法 | 宮崎で注文住宅 新築一戸建てを建てる工務店 ピースホーム

高橋慶光

2022年5月21日

耐震パネル工法

こんにちは アドバイザーの高橋です

最近は、従来の「筋交い工法」では無く
地震に強い「パネル工法」を用いる住宅会社が増えてきました


ただ同じ「耐震パネル工法」でも
住宅会社によって採用している「耐震壁」は様々です

もちろん「耐震性能」に直結する「壁倍率」も大事ですが

「建物」の寿命の長さを左右する
「透湿性能」も重要なポイントとなります。

また「断熱性能」や「耐火性能」
そして「遮音性能」なども、高い方が良いわけです。

つまり、同じ「耐震パネル工法」でも
選択する「耐力壁」1つで

■耐震性
■透湿性
■断熱性
■耐火性
■遮音性  …などの住宅性能が大きく変わっていきます

1つ1つの「資材」が「連鎖しあって」
「高い住宅性能」を生む…至極当たり前のことですね

各資材が「細部」にわたって「連鎖」「紐づけ」されている「住宅」

これが理想的だと思います

このブログを書いた人

高橋慶光

こんな記事も読まれています

イベント一覧 Peace Homeの家づくり

Contact us

家づくりに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください

Topへ