制震の力 | 宮崎で注文住宅 新築一戸建てを建てる工務店 ピースホーム

波越和也

2021年6月11日

制震の力

みなさん、こんにちは。ピースホームの波越です。

梅雨らしい空と初夏の暑さがだんだん身に染みてくる季節になりました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は制震について少しお話したいと思います。

皆さんは耐震という言葉は聞きなれているかとは思います。耐震は字のごとく揺れに対してお家が耐える力のことですね。

在来軸組工法においては、耐力壁・耐力面材・金物等でガチガチにお家自体を固めることを指します。建物を強くすることで地震に耐えようという考え方ですね。

対して制震は地震エネルギーを吸収する制震部材をお家の構造内に設置し、地震の揺れ自体を少なくしようという考え方です。

耐震等級を上げて強固なお家を作ることは大事ですが、実際はそれにプラスアルファで制震も取り入れることで本当に地震に強い家ということができます。

ちょっと筋道たてて考えてみると、

強い耐力壁を使い強度を上げる(耐震)

建物が固くなる

建物の固有周期が短くなる(建物が固いので小刻みな揺れ方になる)

地震と共振しやすくなる(地震の揺れと同期して揺れる可能性が大きくなる)

応答加速度が大きくなる(地震動の3~4倍)

建物は壊れなくても、付属品が振り回される

怪我や家具等の被害が発生する

というプロセスがあるので、耐震の強いお家に制震の力を組み込みことによって、揺れを軽減し人命と建物の両方を守ることができます。

 

では実際どのようにしてお家に制震の力を取り入れることができるのかが気になりませんか?

ここから先は文章で書ききれないので実際はお店にてご説明させてください!

 

まだ全然家づくりのイメージがないよ!という方も大歓迎です。過度な押し売りはピースホームの経営理念とは違うので安心してお問い合わせください!

このブログを書いた人

波越和也

イベント一覧 Peace Homeの家づくり

Contact us

家づくりに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください

Topへ