何が違う? 耐震・免震・制震の違いとメリットデメリット | 宮崎で注文住宅 新築一戸建てを建てる工務店 ピースホーム

天辰 ひとみ

2019年5月16日

何が違う? 耐震・免震・制震の違いとメリットデメリット

先週のことですが、私の住んでいる小林市でも結構な揺れを感じる地震がありました。

その後、九州近辺でも度々地震が起きているようで…ちょっと不安になりますね。

被害が大きくならないことを祈ります。

 

 

さて、建物における地震への構造上の備えとしては、「免震」「耐震」「制震」の3種類があります。この3つの言葉は知っていても、それぞれの違いについては、詳しく知らないという方も多いかもしれません。

そこで今回は、免震、耐震、制震の3つの構造上の違いや特徴、メリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

 

耐震とは、その字どおり、地震に耐えることです。

建物の壁に筋交いを入れるなどして、揺れに耐えられるよう工夫されたものです。

現在の日本では、大震災を教訓にし、住宅の多くはもちろん、自治体の建物や学校なども、この耐震工法で建てられている建物が多く、最も地震への備えとして一般的な構造と言えます。

 

地震の力は、主に重量の重い床や屋根に加わるため、地震で建物が倒壊しないためには、床、屋根、壁、柱、梁をしっかり作ることが大切です。耐震住宅の構造はこれを実現するために、建物に筋交いや構造用合板、金具などを使って補強されています。

また、壁の補強をする際にも、必要な量を必要な場所に設置しなければ、効果を最大限に発揮することができません。

 

 

免震とは、地震によって起こりうる建物の倒壊や家具の破損を防ぐ目的で建てる工法のことです。

耐震や制震との大きな違いは、建物の倒壊を防ぐだけでなく、建物内部のダメージも防ぐことができるという点です。

 

免震住宅は耐震のように、建物を柱や筋交いなどで固めるのではなく、建物の土台と地面の間に免震装置を設置して、地震の揺れを建物に伝えにくくする構造になっています。

免震装置があることで、激しく揺れても建物にまで揺れが伝わりにくく、建物内部のダメージや建物の倒壊を防いでくれます。

免震装置には、アイソレーターと呼ばれる、建物を支える土台にあり、かつ揺れを吸収するゴムと、ダンパーと呼ばれる揺れを吸収する装置を使っています。これらの装置を地盤や建物に適切に組み合わせることで、より免震性能を高めることができます。

 

制震は、制振とも呼び、地震の揺れを抑える目的で作られています。

免震とは違い、従来の住宅と同じように地面の上に建物を建てます。地面に家の土台がくっついているため、地震の揺れが直接建物に伝わりますが、建物内部に重りやダンパーなどの制震材を組み込み、地震の揺れを熱エネルギーに転換し、吸収することで建物の倒壊を防ぎます。

制震装置として用いられるダンパーには、特殊高滅衰ゴムが使われていて(ゴムではないダンパーもありますが)、この特殊なゴムが、地震の揺れを熱エネルギーに変換し、転換された熱は空気中に消えるので、結果的に地震のエネルギー(揺れ)を吸収したことになります。

 

耐震、免震、制震ついてご紹介しましたが、それでは、快適で地震に強い安心できる家づくりを実現するには、どの工法にするのが良いのでしょうか?

 

 

・耐震工法のメリットとデメリット

耐震工法のメリット

現状、日本で最も取り入れられている工法である

3つの工法の中では最もコストが安い

現在の建築基準法に則って建てれば追加費用なしで耐震工法の住宅を建てることできる

激しい地震でも建物を倒壊から守ることができる

台風による強風程度ではほとんど揺れを感じない

地下室などの設置も可能

 

耐震工法のデメリット

地震の揺れがダイレクトに伝わるため、揺れが激しい

建物の上部ほど激しく揺れる

建物内部にある家具などの損傷は免れない

家具の転倒などによる二次被害のリスクがある

建物は頑丈だが、繰り返しの揺れや何度も地震が起きた際には倒壊の可能性も増す

大きな震災があった後はメンテナンス費用にコストがかかる

 

・免震工法のメリットとデメリット

免震工法のメリット

地震がきても建物がほとんど揺れない

地震対策においては最も優れた工法であると言われている

建物内部の損傷を防ぐことができる

家具の転倒などによる二次被害を防ぐことができる

 

免震工法のデメリット

地震が起きたら免震装置が建物ごと揺れるため、住宅のまわりに余白が必要

耐震、制震工法に比べてコストが高い(約300〜600万円)

定期的なメンテナンスが必要

免震装置の交換の際もコストが高い

緩やかではあるが多少の揺れを感じる場合がある

歴史が浅いため、技術面や耐用年数については疑問視の声もある

地震には有効だが、強風や暴風による揺れには効果が少ない

地面の上に免震装置を設置するので地下室を作ることができない

 

免震工法であれば、建築時に制約は多いものの、建物内部の損傷が少なく済むので、大切な家財道具を守りたい方に向いている工法ですね。

ただし、アイソレータと呼ばれる免震装置は定期的な交換が必要です。耐用年数40年と言われていますが、歴史が浅いため、まだ実証に至っていないようです。

 

・制震工法のメリットとデメリット

制震工法のメリット

建物の倒壊をほとんど防ぐことができる

耐震工法よりも建物内部の損傷を小さくすることができる

免震工法よりもコストが安く、工期が短い

繰り返しの揺れに強い

台風や強風の揺れにも強い

地震後のメンテナンスがほとんど不要

 

制震工法のデメリット

建物自体は地面にくっついているため、地盤が弱いと導入できない

耐震住宅よりもコストは高くなる(50〜100万円程度)

耐震工法よりも建物内部のダメージは少ないが免震工法よりはダメージがあるため、家具を固定する金具をつけるなどの工夫はした方が良い

建物内部にいた場合、地震の揺れは直接感じる

制震工法は、地震の揺れを抑え、建物内部のダメージを防ぎつつ、コストも免震工法よりもお手頃であるため、耐震工法と免震工法のちょうど間をとった工法といえます。また、地震があるたびにメンテナンスや検査をする必要がほとんどなく、定期的なメンテナンスといっても簡易なもので済んだり、数年おきで良かったり、耐震工法や免震工法よりも手間がかかりません。

免震工法のように基礎部分に大掛かりな工事をせずに済むので、リフォーム工事で地震対策を検討されている方にもおすすめです。

 

どの工法も地震への備えとして工夫された構造なので、地震対策をされる方は迷ってしまいますよね。

そんな場合には、予算、住んでいる人の揺れへの感じ方、家の損傷の程度、地下室の要不要などによって、選択肢を絞っていかれると、自分に合った地震に強い家になるのではないでしょうか。

また、耐震+制震、耐震+免震などそれぞれの良さをうまく組み合わせると、バランスが良くなり、より地震に強い安心できる家になります。

地震対策でお悩みの方は、ぜひピースホームのアドバイザーにご相談下さいね!

 

 

我が家の非常用持ち出し袋や避難経路等もしっかり検討しておかなくちゃと考えさせられた今回の地震でした。

このブログを書いた人

天辰 ひとみ

イベント一覧 Peace Homeの家づくり

Contact us

家づくりに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください

Topへ