上棟式・せんぐまきについて | 宮崎で注文住宅 新築一戸建てを建てる工務店 ピースホーム

矢野 玲奈

2019年10月4日

上棟式・せんぐまきについて

こんにちは!設計部の矢野です

今回は上棟式・せんぐまきのお話しです

 

上棟式とは、建物の一番高いところ、棟木(むなぎ)が上がったことのお祝い、

無事、建物が完成することを祈願する儀式です。

儀式とは言っても、どちらかというとお祝いに近いもので、

必ずしなければならないというものではありません。

 

せんぐまきとは、上棟式の際に紅白餅や小銭などを一緒にまくことで、

一般的には餅まき、餅投げと呼ばれています。

せんぐまきと呼んでいるのは宮崎だけとご存知でしたか?

 

 

 

実は、先日上棟式に参加してきました!

近隣の方やお施主様のご親族等、たくさんの方にお集まり頂きました。

子供たちはお菓子を楽しみにしているようで、まだかなぁと

大きな袋を両手に待っていたのが印象的でした。

一通りの儀式の後、いよいよお待ちかねのせんぐまきです!

「せんぐ~!」の掛け声とともに、餅やお菓子が降ってくるのを

皆さん本当に楽しそうにかき集めていました!😆

 

前述しましたが、上棟式は必ずしなければならないというものではありません。

最近は上棟式を行わないという方も増えています。

しかし、一生の一度のお家造り。

現場で働く方のことを知ったり、近隣の方、ご親族の方との

親睦をより深める機会でもあります。

間違いなく、強く印象に残る家造りのイベントの1つではありますので、

上棟式を経験してもらいたいというのが個人的な思いではあります😊

 

秋とはいえ、宮崎はまだまだ暑い日も続きます。

くれぐれも体調管理にはお気をつけてお過ごしください!

このブログを書いた人

矢野 玲奈

イベント一覧 Peace Homeの家づくり

Contact us

家づくりに関するご質問など
お気軽にお問い合わせください

Topへ